広告

広告

広告

僕も今年2019年2度目の インドビザ 申請を、こちらを見ながら実際に挑戦しました。

23年間ずっと世界中を旅していてインドも年に2度は必ず訪れています。

もちろん、今年も2回目のインドビザ申請をしてきました。

僕自身が、毎回苦労して申請しているので自分への備忘録として、こちらのブログを作りました。

参考になると嬉しいです。

23年間バックパッカー旅をしている僕のプロフィールも興味あれば、みてもらえると嬉しいです。→こちら

インド e ビザ 2019年夏 最新版に変更済みです。

半年前と比べて質問項目の変更点が多数あったので変更済みです。

年に2度、僕が個人的に申請するときに、この方法で検証しています。

今年2019年2回目のインドビザ申請しました。

2019年8月23日(金)に申請し翌日、無事に1年間有効のマルチプルインドビザ受領済みです。

なんと2019年8月31日に、またルールが変わり最大5年間有効のインドビザが取得できるようになりました。

※申請のときに必要な記載項目の英語和訳1ページ目はページ下部に有ります。参考になると嬉しいです。申請で必要な和訳、全てこのホームページに記載済みです。

インドへの旅は日本に滞在しているときから始まっています。

インドへの航空券を探したり大事なのはインドに入国するには インドビザ を申請しなくてはいけません。

日本国籍の方は全員、インドビザを申請なくてはいけないはず。

でも、その申請方法がいろいろあるのでここで紹介していきますね。

面倒な インド ビザ という難関を突破してインドへ向けて旅立ちましょう。

非常に長いですが気合で行きましょう。

よろしくお願いします。

2019年・インドの観光ビザの種類

インドの観光ビザには3種類あります。

下記の表を参考にして見てください。

ビザの種類(2018年1月現在)申請方法ビザの有効期限料金ビザ取得に必要な日数詳細
TOURIST-VISAオンラインで申請後に、インド大使館または郵送で申請申請日から180日間マルチプルビザ1550円3営業日後に発行詳細はこちら
e-TOURIST-VISAオンラインで申請後、指定したインドの空港で発行入国から最長179日の滞在が2回25ドル(クレジット決済)申請後72時間以内に発行詳細はこちら
ARRIVAL-VISA申請書に記入しインドの決められた空港で申請入国から最長60日の滞在が2回、再入国が1回2000ルピー(同価値の外貨でも支払い可能)インドの空港にて発行詳細はこちら

2019年8月31日現在

東京近郊または大阪近郊にお住いの方は直接、東京のインド大使館or大阪のインド領事館に直接訪れて申請することも可能です。

ただ23年間、年に2回のペースでインドに通っていますが正直、大使館での申請はトラブルが多いです。

記載ミスであったり写真のサイズの問題であったりダメ出しをくらい、やり直しを何度したことか。←僕だけか?笑

オンライン申請の場合は、わざわざ大使館に足を運ばなくてもいいしトラブルも少ないので

60日以内の滞在であればe-TOURIST-VISAがオススメ。←ルールが最近大きく変わりました。

2019年8月31日に e-TOURIST – VISA が最強になりました!!!(最大5年間有効で最初のインド入国日から連続で179日間(短期ビザの場合は30日以内)滞在可能です)

アライバルビザもいいけれど、インドビザはいつルールが変わるか、わからないのでギリギリでビザをGETするのはお勧めしません。

この23年、過去に何度もありました。

ビザに関する内容変更。

急にいろいろとルールが変わる可能性があるのでいつ廃止になるかわからないアライバルビザは、できるだけ避けましょう。

【 インド e ビザ 】e-TOURIST-VISAの利用条件

2019年8月31日現在のe- ツーリストビザ取得の要件をまとめました。

ルールがよく変わるので要注意です。(最近、大きく変更がありました)

申請可能期間

出発の120日前〜4日前までに申請可能。

個人的には出発の30日前ぐらいに申請することがオススメ。

渡航目的

観光、ビジネス、会議出席、メディカル(病気治療)など

滞在期間(2019年8/31最新情報)

日本国籍の場合、

e観光ビザは承認日から最大5年有効で、1回の滞在日数は初めの入国日から最長179日滞在可能。

短期商用ビジネスビザは承認日から最大365日有効で、1回の滞在日数は初めの入国日から最長179日滞在可能。

eメディカル(病気治療)ビザとeメディカル付添人ビザは入国日から最長120日、1回の滞在日数は初めの入国日から最長60日滞在可能。

e会議出席用ビザは入国日から最長120日、1回の滞在日数は初めの入国日から最長30日滞在可能。

 

インド e ビザ で入国できるインドの空港一覧

2019年8月現在以下の空港からのみ利用可能

  • DELHI(デリー)
  • MUMBAI(ムンバイ)
  • CHENNAI(チェンナイ)
  • KOLKATA(コルカタ)
  • HYDERABAD(ハイデラバード)
  • BENGALURU(バンガロール)
  • THIRUVANANTHAPURAM(ティルバナンタプーラム)
  • COCHIN(コチまたはコーチン)
  • GOA(ゴア)
  • AHMEDABAD(アーメダバード)
  • AMRITSAR(アムリトサル)
  • GAYA(ガヤーまたはブッダガヤー)
  • JAIPUR(ジャイプール)
  • LUCKNOW(ラクナウ)
  • TIRUCHIRAPPALLI(ティルチラーパリ)
  • VARANASI(バラナシ)
  • BAGDOGRA(バグドグラ)
  • KOZHIKODE(コジコードまたはカリカット)
  • CHANDIGARH(チャンディーガル)
  • COIMBATORE(コインバートル)
  • GUWAHATI(グワハティ)
  • MAGALURU(マンガロール)
  • NAGPUR(ナグプール)
  • PUNE(プーナ)
  • BHUBANESHWAR
  • CALICUT
  • PORTBLAIR
  • VISHAKHAPATNAM

下記の港も可

  • MUMBAI SEAPORT
  • MANGALORE SEAPORT
  • GOA SEAPORT
  • CHENNAI SEAPORT
  • COCHIN SEAPORT

デリー空港周辺にいる旅行会社の勧誘などについていかないように注意です。

取得できる回数

1月1日から12月31日までの期間で2回のみ(年に2回、暦で計算します。)

【 インド e ビザ 】必須条件まとめ

  • インドでの滞在日数は問題ないか?
  • 出発までに4日以上あるか?
  • 公用または外交、ジャーナリスト、カメラマン、報道関係ではないこと
  • クレジットカード(VISA or MASTER)またはPayPalでビザ代を支払えるか?
  • パスポートの有効期限が残り6ヶ月あるか?
  • パキスタン国籍およびパキスタン出身の渡航者ではないこと
  • 期間延長が、できないけど問題ないか?
  • 指定した上記の空港から入国できるか?
  • パスポートに2ページ以上余白

上記の条件を確認した上で難しい場合は通常の観光ビザを大使館または領事館で取得しましょう。

 

【 インド e ビザ 】e-TOURIST-VISA のオンライン申請をしよう

オンライン申請は基本的に英語です。

わからないことも多いと思うので下記を参考に頑張って、すすめていきましょう!!

 

申請に今、必要なもの

  • 顔写真のJPEGデータ(条件は下記の5ページ目に記載)
  • パスポートの顔写真の写っているページのPDF(条件は下記の6ページ目に記載)
  • クレジットカード(VISA or MASTERカード)またはPayPalアカウント

 

問題ない人は下記をクリックして作業を開始しましょう。

ページ下部のApply here for e-visa(e-VISAの申請)をクリック

Apply here for e-visa

WEBブラウザーをちゃんと選びましょう。Safariではうまく表示されない部分があるそうです。

推奨ブラウザーはGoogleクローム。iphoneのサファリではダメ!!

【 インド e ビザ 】e-Visa Application 基本情報(1ページ目)

Passport Type(パスポートの種類)

Ordinary Passport(一般的なパスポート:ほとんどの方はこれ)

※それ以外は下記です。
Diplomatic Passport(外交パスポート)
Official Passport(公用パスポート)
Service Passport(軍人パスポート)
Special Passport(特別パスポート)

Nationality(国籍)
日本国籍ならJAPAN
Port Of Arrival(インド入国時に利用する空港)
リストにある空港以外を利用する方は、eTVを利用することはできないので注意。
Date of Birth(誕生日)
自分の誕生日を記載しましょう。
Email ID(メールアドレス)
このビザの場合、連絡事項やビザ取得がこのメアドで行われるので必ずよく使うメアドで登録が良いです。海外でもログインできるメールアドレス、例えばGメールやヤフーメールなど推奨。僕はGメールを使っています。プリントアウト後は大文字表記になりますが気にしない。
Re-enter Email ID(メールアドレスを再度入力)
再入力
Expected Date of Arrival(インド入国予定日)
入国予定日を記載
Visa Type(ビザの種類)
  • e-TOURIST VISA (eTV)
eTourist Visa(for 30 Days)(一度のみ入出国可能で最大30日間滞在可能)
eTourist Visa(for 1 Year)(ビザの有効期限は承認日から1年間有効で期間内何度でも入出国可能で一度の滞在は最大179日間可能)
eTourist Visa(for 5 Years)(ビザの有効期限は承認日から5年間有効で期間内何度でも入出国可能で一度の滞在は最大179日間可能)←オススメ
  1. RECREATION/SIGHT-SEEING(観光など)
  2. MEETING FRIENDS/RELATIVES(友人、知人と会う)
  3. SHORT TERM YOGA PROGRAMME(ヨガなど)
  • eMEDICAL VISA
  • eBUSINESS VISA
  • eCONFERENCE VISA
  • eMEDICAL ATTENDANT VISA

観光でインドに渡航される場合は一番上のeTOURIST VISAをクリック

All the following activities are permitted, however select the primarily purpose from the followingと表示されます。OKを選択する。

Please enter above text(表示される数字やアルファベットを入力します。)
判読が難しい場合は、緑矢印をクリックして、新しいコードを生成しましょう。
I have read the instructions ,I have all the required documents in scanned pdf format and photograph in jpg/jpeg format. Continue
上記の意味
(説明を読みました。スキャンしたPDF書式の必要書類と、jpg/jpegの写真の用意ができています。続く)
Continue
Continueをクリック
Note: Following documents are required to be submitted

必要書類について書かれたポップアップ

  1. Applicant’s recent colored photograph (dimentions 2in x 2in) size less than 1MB
    申請者の最近撮影された写真(寸法 2インチ × 2インチ。データサイズ 1MB未満)
  2. Copy of Passport page containing personal particulars
    パスポートの個人情報記載ページのコピー

上記を確認してOKをクリック

1ページ目終了です。お疲れ様です。

下記が2ページ目です。

必ず、スクショするかData saved Successfully.Please note down the Temporary Application ID の赤字の番号をメモしましょう。

これがログインに必要です。

2ページ目

まだまだすることたくさんありますが、

セーブして、ゆっくり進んでいきましょう。

続いて2ページ目へ。

【※重要情報】SIMカードをインド空港で購入はオススメしません。

インドの主要空港にはSIMカードを販売されているのですが開通が遅い上に外国人料金なのか市内より高い。

(アムリトサル空港では販売してなかった…)

開通まで通常12時間後ぐらいで自分で電話して開通作業しなくてはいけないし長いときで3日後に開通だったこともありました。

時間に余裕のある方や英語が得意だったら問題ないのですが、空港出てすぐに使いたかったり、短期旅行の場合はポケットWi-Fiを事前に借りるか事前にSIMカードを入手することをオススメします。

8日以内のインド旅行でしたら値段的に現地よりも下記のSIMカードがオススメ。
めっちゃ大活躍します。(日本でも使えます)

マレーシア発・世界150カ国で使える魔法のシムカード

僕も使っている、すごく面白いシムカードが有ります。

世界約150か国で使える超便利なシムカード。

使用する90日前に行く予定の国をスマホアプリで事前登録し支払いを済ませておくと通信料が30%オフになります。

普通に使う分でも安いので、よく海外旅行に行く人にオススメです。

繰り返し行きたいときに使えます。しかも格安。

日本で使う分も安いです。

例:インドプラン3日間有効500MBの場合、90日前申請で2.1ドル(約220円)!!

安くないですか??

僕は空港到着してすぐにインターネットに接続したいので、これに加入した上で現地で別途SIMカード購入しています。

詳しくは下記を参照してください。

こちらからアプリをダウンロードして登録すると世界150カ国どこでも100MB分無料でインターネットできるクーポンプレゼントです。

世界中で使える100MB分の無料クーポン→ FlexiroamX

Flexiroam simカード

1 2 3 4 5