バックパッカー 旅 に出るようになって約20年。

1年の半分は旅してる生活をしているので荷造りは慣れたものと思いきや毎回持っていく物に悩まされます。

でも、いざ旅に出るとなんでこれを

持ってきたんだろうって思うこと多々あり…。

なので 自分の備忘録 としてここに

バックパッカー 持ち物 リスト を作成することにしました。

アジアを バックパッカー 旅する上で

僕がオススメする持ち物を紹介します。

広告

スポンサーリンク

 




荷物の重さはどれくらいがベスト?

バックパッカー 旅をする上で荷物は軽いことに越したことないので

LCC(格安航空会社)の機内持ち込みでも大丈夫な

トータル7KGを目指しましょう。

おすすめはバックパックを背負ってもしんどくないレベル。

7kgから10kgがオススメ。

※無理に新しくものを買う必要はないです。

家にあるもので揃えて行くのが個人的にベスト。

 

女性用の持ち物リストも僕が主催している

インドやアフリカ、中東など世界を旅するバックパッカー企画の参加者の

みんなにアドバイスを受けて書いてみましたー。

参考になると嬉しいです。

僕の旅企画についてはこちら

 

どんな持ち物がオススメか?、

なぜオススメかなど

解説も含め参考になると嬉しいです。

 

アジアを バックパッカー 旅する上で 人気のバックパック

まずはバックパックから。旅をする上で絶対に

バックパックである必要はありません。

バックパックでなくても使いやすいカバン、

ショルダーバックでも僕は問題ないと思います。

重要なのは使いやすいこと。

重要なのは、そのカバンを背負って旅をするので自分の

サイズにあった持てるものを選ぶこと。

あまりにも大きすぎると移動するのが大変になるので

個人的には機内に持ち込めるギリギリサイズの

45リットルぐらいがベスト

小さいに越したことがないと思うので、

もっと小さくても大丈夫なひとは小さい方がいい。

少しでも体の負担を減らすことを考えよう。

 

僕がオススメするバックパックはこちら。

 

mont-bell バーサライトパック40

 オススメの理由

    • 超ちょー軽量0.71kg( 1kg以下!!!!)
    • 日本のメーカーなので日本人サイズで作られている
    • サイドポケット有りで水を入れれるのが便利
    • 値段も12000円以下と、かなりお手頃
    • 40リットルはアジア放浪のバックパッカーにオススメのサイズ
    • エアアジアなどLCCに乗る人にはおすすめ。機内持ち込めるサイズで軽い。

 

モンベルをオススメする理由はサイズです。
外国のメーカーのバックパックは基本的に体が大きめの欧米人向けに作られています。
国産メーカーのモンベルは日本人サイズを理解した上で僕らにあったラインを考えて作られています。
注意ポイント→ すごく軽量なだけに生地が他のバックパックと比べて薄いのでレインカバーは必須です。軽さ重視の人にオススメ!!

 

 

 

 

OSPREY(オスプレー) ケストレル48 S-M アッシュグレー OS50150

オススメの理由

      • カラーバリエーションも豊富
      • 背負った時に背中に密着しないのがポイント
      • 標準でレインカバーを完備
      • 値段もお手頃
      • 48リットルはアジア放浪のバックパッカーにオススメのサイズ

 

オスプレーがオススメの理由は背負った時に背中に密着しないこと。

あとカラーバリエーションも豊富でオシャレなこと。

使いやすいので旅先でもよく見るバックパックです。

 

 

 

 

[ザ・ノース・フェイス] リュック Tellus 45 NM61509 L BC ブライトコバルトブルー

オススメの理由

      • カラーバリエーションも豊富
      • 有名ブランド”The North FACE”
      • 標準でレインカバーを完備
      • 軽量サイズ 1.67kg
      • 45リットルはアジア放浪のバックパッカーにオススメのサイズ

世界的有名ブランド”The North Face”のバックパックでサイズも45リットルとアジア放浪するバックパッカーには最適サイズ。

標準でバックパックカバーも付いているので雨対策、セキュリティ対策も万全です。

 

 

 

 

バックパックカバーのオススメ

旅に必ず持っていくのは

バックパック用のレインカバー。

荷物を空港やバスで預けれる時の

セキュリティ対策にもなるし、

もちろん雨の日の移動でバックパックを

濡らすことからの負担も軽減されます。

上のオススメするバックパックのように

レインカバーが標準装備されているのもあり。

レインカバー はマストアイテムです。

これは、あるのとないのでは本当に違います。
上のレインカバーオススメのポイントは夜間反射テープがついていることと、コードストッパーが備えられていること。
バックパックを購入するときに
レインカバーが標準装備されているか確認しましょう

 

旅先でオススメの衣類ってなに?

乾きやすい衣類がオススメ

僕が旅に行くときは

3日〜4日分ぐらいの衣類

持って行くようにしています。

アジアを旅するなら、

なるべく乾きやすい素材のものがオススメ

もちろん下着も乾きやすい素材がベストです。

飛行機の中、空港でのトランジット、

移動中のバスなど南国を旅するといっても

エアコンが効きすぎて寒いことが多いので防寒も必要。

特に突発的な大雨スーコル対策にもなる

下記のような撥水機能付でコンパクトサイズのウインドブレーカーはオススメ

 

 

旅に持参するオススメ衣類リスト【アジア編】

一週間以上の旅での持っていく衣類の目安を下記にまとめました。

3日〜4日に一度は洗濯できること

想定して荷物を持参することをお勧めします。

男性の場合(僕の場合)

  • 乾きやすい素材のズボン
  • サーフパンツ(水着でも使えるのが便利)
  • 襟付きのシャツまたはTシャツ3枚〜4枚
  • タンクトップ1枚
  • 下着4日分
  • 靴下1足
  • 長袖Tシャツ1枚(防寒用)
  • スエットパーカー1枚
  • 防水ウインドブレーカー(雨具)1枚
  • 日差しを防ぐ帽子1つ

一緒に旅をした仲間に聞きました。

女性目線の衣類リスト。

女性の場合

  • 乾きやすい素材のズボン1枚
  • 短パン1枚
  • Tシャツまたは乾きやすいブラウス、キャミなど3枚〜4枚
  • ワンピース1枚
  • 寺院参拝用の長めのスカートまたは大きめの布1枚
  • レギンス1つ
  • 下着4日分
  • 水着
  • 靴下2〜3足
  • 長袖Tシャツ1枚
  • スエットパーカー1枚
  • 防水ウインドブレーカー(雨具)1枚
  • 日差しを防ぐ帽子1つ

 

水着を下着代わりに?!!

旅人の中には荷物を減らすため乾きやすい水着を

下着代わりに使う女性も多いと思います。

旅先だから質素にではなく写真にも残ることを思うと

旅先でもオシャレをしたいですね。

日々のコーディネートを考えて

持参することをお勧めします。

ブラトップが洗濯の時に干しやすいという意見多数あり。

 

旅の持ち物リストは、まだまだ続きます。

1 2 3 4