スポンサーリンク

スポンサーリンク

 




ギリシャのエーゲ海に浮かぶ島巡り。船旅へ

旅の日程(2017年7/12から7/19)

 

募集受付は2017年04月15日00:00より開始

全2カ国バックパッカー的に世界を旅します。最短3日から参加可能。

バックパッカー歴20年の引率者と世界をリュックひとつで旅に出よう。
定員常時7名。2017年04/15より先着順で受付開始。

 

常夏の楽園サントリニーニ島へ。美しい世界。

 

エーゲ海で1番美しいと言われるギリシャのサントリーニ島にサンセットを観に行こう。
サントリーニ島をバスと徒歩で散策。中心地フィラの断崖絶壁の街並みは白く青い海との絶妙な調和。ここはワインの産地として有名です。基本、みんなで自炊ですが美味しい現地ギリシャ料理も必食。宿泊はバックパッカー的にキャンプ場にてテント泊か現地家庭へのホームステイになります。

定員最大5名、3日間から滞在可能です。海外バックパッカー歴20年70カ国以上の旅のスペシャリストと一緒に参加することでバックパッカー旅のノウハウを学ぶチャンス。

 

 

【この区間での旅の予算は、こんな感じ】

全て込み(参加費含む):10万円(3日間)〜13万8000円(8日間)

※航空券により値段は大きく変わります。

 

 

 

※この区間での生活費は最低1日3000円必要です。(朝昼晩の食費、宿代など。)

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

その前の日程はこちら(6/22-7/12)

 

定員に達したため受付を終了しました。

★7/12(水) ブカレスト → アテネ (ギリシャ)


ルーマニアの首都ブカレストから空路でアテネへ移動。
アテネで一般家庭にホームステイ体験。

ホームステイは現地生活を垣間見るきっかけになるので面白い。

あわよくば各家庭にある美味しい自家製ワインを飲みたい。

★7/13(木) アテネ (ギリシャ)

アテネ市内を歩いて散策。

ギリシャの代名詞、世界遺産アクロポリスとパルテノン神殿へ。

丘の上から望むアテネ市内は絶景です。

ギリシャB級グルメ代表ギロスを食べ歩き。暑い中、ギロスのお共に飲むギリシャビールが美味しいです。

★7/14(金) アテネ → サントリーニ島 (ギリシャ)

アテネから船で超美しい青と白の島サントリーニへ。

サントリーニ島にはキャンプ場があるのでキャンプ生活。

みんなでテントを作ってアウトドアライフ。

(キャンプ場なのでWi-Fi、キッチン、トイレ、シャワーも完備)

スーパーで食材を買って協力して美味しい手料理を作ろう。

★7/15(土) サントリーニ島 (ギリシャ)

宿泊しているフィラ地区を歩いて散策。とにかく猫が多い。そしてどこを歩いても超絶景。

バスに乗って火山岩の黒砂が有名なカマリビーチ、赤い岩肌青い海で有名なレッドビーチへ。あわよくば海中温泉も魅力的。

エーゲ海の美しい海でのんびり贅沢な時間を過ごす。

夜は少し贅沢なギリシャ料理を食べにいこう。美味しいサントリーニワインも一緒に飲みたいところ。

★7/16(日) サントリーニ島 (ギリシャ)

バスに乗ってイア地区へ。

青い海、白い建築が美しい街並み。

僕は初めて訪れたとき美しすぎて鳥肌がたった。

本当に美しく見惚れてしまいます。美しすぎて何時間観ていても飽きません。

街中に多数いる猫も魅力のひとつ。

★7/17(月) サントリーニ島 (ギリシャ)

連日のイア地区散策。

ギリシャのお土産は個人的にはオリーブオイルがオススメ。

ワインや神のお酒というギリシャ名物ウーゾを試飲体験。

白と青のコントラストを堪能する。最後にイア地区に沈む美しすぎる太陽、夕焼け、ずっと観ていられる絶景です。

 

 

★7/18(火) サントリーニ島 → アテネ (ギリシャ)

船でサントリーニ島からアテネ戻る。

アテネでは再度、一般家庭にホームステイ&国際交流体験。

夜はホームステイ先の人たちとギリシャ料理と日本料理のコラボパーティー開催したい。

みんなで手作り美味しい手巻き寿司を披露しよう。

★7/19(水) アテネ → イスタンブール (トルコ)

朝のアテネ市内散歩。

最後にスーパーマーケットで残ったお金でお土産を買おう。

電車を乗り継いで空港へ。

トルコのイスタンブールでホームステイ体験。

美味しいトルコ料理を食べたい。

 

 

旅の日程は参加者で話し合って決めていきます。続けて下記の日程で参加も可能です。

7/20-8/16(トルコ→イラン→トルクメニスタン→ウズベキスタン)へ

 

 

最短三日から参加可能。旅企画のお申し込み、ご不明な点などありましたらお問い合わせお願いします。

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加予定の国

参加予定日
からまで

メッセージ本文

LINE@でお問い合わせ

LINEでも気軽にお問い合わせください。こちらのほうが返信が早いかと思います。旅の参加申し込みもLINEでもOK。

LINEQRLINEでお問い合わせ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク