西アフリカ・セネガルから北上しモロッコを目指す旅へ。

セネガル、モーリタニア 、西サハラ、モロッコの4カ国を旅します。

この区間のメインイベントはモーリタニアのアイアントレイン。

そして西アフリカから北アフリカへの文化の変化も面白そうです。

そんなアフリカへ一緒に体感しに行こう。

このアフリカ4カ国を7/27〜8/05までかけて旅をします。

広告

スポンサーリンク

 




北アフリカ4カ国バックパッカー縦断の旅 – セネガル – モーリタニア – 西サハラ – モロッコ

 

期間:2018年7月27日から8月05日 (最短7日から)

募集受付は2018年3月31日(土)00:00より開始

アフリカ4カ国をバックパッカー的に世界を旅します。最短7日から参加可能。

バックパッカー歴20年の引率者と世界をリュックひとつで旅に出よう。

定員常時5名。2018年03/31より先着順で受付開始。

旅の予算:参加費込みの全込19万円〜23万円

 

今日現在キャンセル待ちです。

 

 

【北アフリカ・バックパッカー旅】の予算

参加費:5万円
航空券:11万円
滞在費:3万円(10日間)

旅の予算・合計:19万円から

旅の予算についてはこちら

 

【北アフリカ・バックパッカー旅】どんなところを旅するの?

西アフリカ・セネガルから北上しモーリタニア モロッコを目指す旅へ。

セネガル、モーリタニア 、西サハラ、モロッコの4カ国を旅します。

この区間のメインイベントはモーリタニアのアイアントレイン。

貨物列車に揺られ満天の星空を眺める、かなりハードな移動ではあるが最強に濃い思い出になること間違いなし。みんなでマニアックな旅を共有しよう。

そして西アフリカから北アフリカへの移動しながら感じる食文化の変化も面白そうです。

この区間はキャンプ持参での旅です。途中、キャンプ生活をする可能性あります。

みんなでアフリカの市場へ行き食材を買い込んで自炊も旅の醍醐味。

セネガルからモロッコへ向けて素敵な旅を作って行きましょう。

現在、残り1名です。お問い合わせください。

【北アフリカ・バックパッカー旅】訪れる予定の国

西アフリカってどんな国があるのか想像できない人も多いと思うので少しだけ紹介します。

アフリカは予想以上に素敵な国が多いのが伝われば嬉しいです。

セネガル共和国

セネガルは、西アフリカ、サハラ砂漠西南端に位置する共和制国家。

 

元フランスの植民地で公用語はフランス語。

 

西アフリカで一番美味しいと言われるセネガル料理。
郷土料理チェブ・ジェン(お魚の炊き込みご飯)やマフェ(ピーナツソースを使ったカリー)は絶対に食べたい。

 

首都ダカール沖合にある世界遺産のゴレ島や、紅く染まることで有名なピンクレイクことレトバ湖へ行けたら行きたい。

モーリタニア・イスラム共和国

この区間のメインはモーリタニア 。

モーリタニアの首都ヌアクショットではファールカ船を見てみたいです。

中世のキャラバンが立寄った交易地でユネスコの世界遺産に登録された4つの町のうち2つは訪れたい。

このエリアは砂漠化が深刻ですが砂丘に沈む夕日も見どころの1つ。

そして僕的にはアイアントレインという貨物列車に乗って砂まみれにありながら、満天の星空を観て寒さに震えながら貨物列車から砂漠から登る朝日を眺め感動したい。

 

サハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)

ほぼ全土が砂漠の西サハラ。

亡命政権サハラ・アラブ民主共和国が領有を主張しているが実効支配はモロッコ。

モロッコが実効支配している実質上首都のラーユーンへ。

永遠に続くサハラ砂漠を堪能して旅をして行きたい。

モロッコ王国

モロッコではエッサウィラとカサブランカへ。

港町エッサウィラでは白い街並みを堪能しお洒落なカフェ巡りや世界遺産に登録されている旧市街を散策したい。

美味しい魚介やタジン鍋、スィーツも魅力。

この区間の参加費:5万円(参加費についてはこちら

この区間の定員は常時5名

アフリカ編2つ以上の区間を同時申し込みで割引あり。お問い合わせください。

 

 

※西アフリカ編からアイアントレイン編への旅企画との同時参加の場合の予想される予算です。

参加費:14万2500円(一年以内に他の旅企画参加済の場合、さらに割引有)
航空券:11万5000円
滞在費:7万円(30日間)
最低旅の予算・合計:32万7500円から

世界渡航歴20年、世界80カ国以上の旅のスペシャリストと一緒に参加することで体調管理の難しい旅のノウハウを学ぶチャンス。詳しい詳細はお問い合わせください。

 

 

広告

スポンサーリンク