募集受付は2016年6月01日00:00より開始

全4カ国バックパッカー的に世界を旅します。最短3日から参加可能。

インド渡航歴20年の引率者と世界をリュックひとつで旅に出よう。
定員常時7名。2016年06/1より先着順で受付開始。

全て無事に終了しました。ありがとうございます。

★印がある日付のみ合流可能です。

 

旅の全日程(2016年8/24から10/09)

シンガポールからマレーシアの美しい島へ

※シンガポールでの生活費は最低1日4000円必要です。(朝昼晩の食費、宿代など。)

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★8/24(水) シンガポール(シンガポール)

空港到着後、AirBnbでホームステイ体験

プール付きコンドミニアムへ。

地下鉄とバスを乗りこなし市内散策。

絶景必見。夜にスーパーツリーグローブのナイトショーへ。

★8/25(木) シンガポール(シンガポール)

朝から名物カヤトーストを食べマーライオンとマリーナベイサンズで記念撮影。

シンガポール名物ホーカーズで屋台ご飯。アラブ人街でモスクとお洒落カフェへ。シンガポール大満喫

8/26(金) シンガポール → ティオマン島(マレーシア)

IMG_4682バスでマレーシア陸路国境越え

バスと船を乗り継いでマレーシアの美しい島ティオマン島へ。美しい夕焼け。※要移動費3000円

※ティオマン島での生活費は最低1日3000円必要です。
(朝昼晩の食費、宿代など。)

8/27(土) ティオマン島 (マレーシア)

IMG_4675美しい島で探検。歩いて島の反対側にあるビーチへ。

ビーチでのんびり本を読むのも◎。

贅沢な時間を過ごす。

夜は満天の星空の下、ビーチでビール片手に語り合おう。

8/28(日) ティオマン島(マレーシア)

船を借りて周辺の小島へシュノーケリングへ。

ウミガメに遭遇することを期待。

綺麗なサンゴ礁や色鮮やかな魚は必見。美しい夕焼け。

★8/29(月) ティオマン島 → クアラルンプール (マレーシア)

f59791be_original船とバスを乗り継いでマレーシアの首都クアラルンプールへ。

AirBnbを使って絶景プールのあるコンドミニアムにホームステイ。※要移動費3000円

※クアラルンプールでの生活費は最低1日2500円必要です。(朝昼晩の食費、宿代など。)

★8/30(火) クアラルンプール (マレーシア)

素晴らしいイスラム芸術を体感しにイスラムアートミュージアム、電車に乗ってヒンドゥー教の聖地バトゥ洞窟へ。

夕方バスで超綺麗なブルーモスク(寺院)へ行きます。

 

 

 

 

国が変わりインド旅の始まりです。南インドから西インド、そしてラジャスタンへ。

南インドのマニアックな聖地巡り

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★8/31(水)クアラルンプール → ティルチラッパリ (南インド)

空路マレーシアから南インドへ。(要約6000円)まずは外国人が少ない南インドの田舎町ティルチを歩いて市内散策。路上でチャイを飲んだりタミルのミールス(カリー定食)を食べる。

旅行者が少ないので僕らは目立ちます。ここティルチでは観光地にない本当のインドを体感できるでしょう

※インドでの生活費は最低1日1500円必要です。
(朝昼晩の食費、交通費、宿代など。)
インド入国にはビザが必要です。事前に取得しましょう。

★9/01(木) ティルチラッパリ(南インド)

バスでヒンドゥー教寺院の中でも大きなランガナータスワーミ寺院へ。その後、高さ83mあるロックフォートへ登ろう。運が良ければ象に頭を撫でてもらえるかもです。

ここから望むティルチの景色とランガナータスワーミ寺院は必見です。南インド料理。

★9/02(金) ティルチラッパリ → ティルバンナマライ(南インド)

バスを乗り継ぎガイドブックにも掲載されていない美しい聖地ティルバンナマライへ

(バス代要600円)

9/03(土)ティルバンナマライ (南インド)

12731997484be37c84e3421_import全てのエゴを吸い取ると言われる聖なる山アルナーチャラへ登ろう。そこにあるのはラマナマハリシの瞑想した洞窟。

そして孔雀が飛び交う聖なるラマナアシュラムへ。
僕が南インドで一番好きなカレーが食べれるかも。美味しい南インドのターミルスを食べる。

9/04(日) ティルバンナマライ → バンガロール (南インド)

バスで移動、要700円
バスで移動。バンガロールの5星ホテルで高級インド料理(要3000円)。ショッピングモールでお買い物。

★9/05(月) バンガロール (南インド)

神秘的イスコーン寺院&シヴァのテーマパーク?アトラクションがすごいお寺へ。このマニアックな寺院に僕は初めて訪れるので楽しみです。

西インドの少数民族を訪ねる旅

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★9/06(火)バンガロール → アフマダバード (西インド)

空路、西インドにあるアフマダバードへ。バックパッカー的に宿探し。グジャラートターリー(この地域限定のカリー定食)を食べる。空路で移動(約8000円)

★9/07(水) アフマダバード (西インド)

あのガンジーの家へ。必見!!これはすごいアダーラジの階段井戸へ。大きなアークシャルダーム寺院へ。地下に続く道を降りると…。
マヌークチョークでローカル屋台散策。

★9/08(木)アフマダバード → ブジ (西インド)

寝台列車で移動、要500円
寝台列車で大移動。インド最西の地でカラフルな少数民族の宝庫ブジへ。

★9/09(金)ブジ(西インド)

kutch-1311639_960_720美しきスワミナラヤン寺院へ。ブジの街を歩いて散策。ブジの湖に沈む夕陽

★9/10(土)ブジ(西インド)

これを観たいからここまで来た。ブジのカッチ近郊村巡り(メグワル族やムトワ族その他いろいろな少数民族の村へ)いろんな村を訪れていろんな芸術的な手仕事を観てみたい。要2400円

★9/11(日) ブジ(西インド)

ジープを借りてシーズンではない時期に海水浸るインド最大の塩湖へ。ウユニ塩湖なみの鏡張りに期待。行けますように。

インドの砂漠地帯を巡る旅

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★9/12(月)ブジ → プシュカル(西インド)

寝台列車で移動、要1000円。寝台列車で大移動後、バスで聖地プシュカルへ

9/13(火)プシュカル(西インド)

おしゃれなお店が多いプシュカル湖周辺の雑貨屋さん巡り。美味しいカフェあり。聖なるシーク教寺院へ

9/14(水) プシュカル(西インド)

早朝、綺麗な聖なる山ラトゥナギリを登る。山頂には女神サヴィトリを祀る寺院あり。ここから望む景色は絶景です。プシュカル湖から望む夕焼けが美しい。

9/15(木)プシュカル → ジョードプル(西インド)

乗り合いジープとインド列車で移動。この区間は、スリや置き引きに要注意、みんなで対策しましょう。

★9/16(金) ジョードプル(西インド)

漫画”ワンピース”のアラバスタ王国のモデルにもなったジョードプルの青い街並みを一望できるメヘランガル砦へ。感動の景色。国際学生証あると割引あり

★9/17(土)ジョードプル → ジャイサルメール(西インド)

砂漠地帯を走る寝台列車で移動します。列車から観える景色は砂丘地帯へ少しずつ変化がみえて面白いです。この時間でいろんなお話ができたら面白い。

9/18(日) ジャイサルメール (西インド)

砂漠の城下町を歩いて散策。夜はみんなで宿のキッチンを借りてインド人と一緒に美味しいカリーを作ってみましょう。同じ宿に泊まっている世界各国のバックパッカーとお酒を持ち寄り宴。

9/19(月)ジャイサルメール (西インド)

メインイベント。ラクダに乗ってサム砂丘で野宿&満天の星空(約2000円)きっと一生忘れられない思い出になるはず。キャンプファイヤーを囲んで語り合えたら楽しいな。

9/20(水)ジャイサルメール (インド)

砂丘から昇る朝日。踊るインド映画体験。ジャイサルメール城へ。綺麗に沈む夕陽。同じ宿に泊まっている世界各国のバックパッカーとお酒を持ち寄り宴

9/21(水)ジャイサルメール → ジャイプル (北インド)

IMG_6091砂漠地帯を走る寝台列車で移動します。列車から観える景色は砂丘地帯から少しずつ変化がみえて面白いです。この時間でいろんなお話ができたら面白い。

世界遺産タージマハルとアーグラー城を巡る旅

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★9/22(木) ジャイプル(北インド)

世界遺産アンベール城へ。そのあとブロックプリント体験でハンカチを作ります。ジャイプルお洒落ショップ巡り。

9/23(金)ジャイプル → アーグラー(北インド)

列車で移動。河の向こうから世界遺産で有名な夕焼けで紅く照らされたタージマハルを望みます

9/24(土) アーグラー → デリー(北インド)

早朝から世界遺産タージマハルへ。タージマハルで自由行動。自由に自分のペースでタージマハルを楽しんでもらいます。列車で移動。

★9/25(日)デリー (北インド)

希望者のみインド医学アユルヴェーダマッサージ体験で旅の疲れをとりましょう。(要1600円〜4000円)、夜、神秘的な聖地シーク教寺院へ。美味し過ぎる高級インド料理ディナーを食べよう。(要三千円)

ネパールでヒマラヤを望む旅

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★9/26(月) デリー  → カトマンズ(ネパール)

IMG_9151空路でネパールの首都カトマンズへ。世界中のバックパッカーが集まるお洒落なタメル地区を歩いて散策。ネパールで一番美味しいラッシー

※ネパールでの生活費は最低1日1500円必要です。
(朝昼晩の食費、宿代、移動費など) ネパール入国にはビザが必要ですがカトマンズの空港で取得可能です。(要15日間25ドル)

★9/27(火) カトマンズ (ネパール)

IMG_5156震災の名残りのあるダルバール広場&生き神クマリの館へ。すごく美味しいB級ネパール居酒屋へ。この日は歩いて街並み散歩です。

★9/28(水) カトマンズ → ポカラ (ネパール)

バスでポカラへ移動。希望者が多ければネパールの川でラフティング(アクティビティ)しながらポカラへ。(要4000円)

★9/29(木) ポカラ → サランコット (ネパール)

早朝、世界で一番高いエベレストを含むヒマラヤ山脈が映えるペワ湖へ。美味しいパンと綺麗なヒマラヤ山脈。夕方サランコット山に登り山頂で一泊。満天の星空と絶景ポカラの夜景。

★9/30(金) サランコット → ポカラ (ネパール)

IMG_6653早朝、間近にて世界の屋根ヒマラヤ山脈の絶景を観る。希望者はヒマラヤ山脈を望みながらパラグライダーで下山(要70ドル)下山後、お買い物&ペワ湖を散策。

10/01(土) ポカラ → カトマンズ (ネパール)

バスでカトマンズへ戻ります。山村で行う活動のミーティング

ネパールの山奥の学校に文房具を届ける旅

★印がある日付のみ合流帰国可能です。

★10/02(日) カトマンズ (ネパール)

IMG_0185山村で届ける物資などを集めて確認。世界遺産でもあるパシュパティナート寺院へ。絶景です。ネパールのご馳走ギャコック鍋を食べる

10/03(月) カトマンズ → ダーディン (ネパール)

山村へ物資を運ぶ。バスとジープを使い移動。(要1500円)ヒマラヤ山脈が観えます。美味しい田舎のダルバートを食べる。綺麗な夕陽。山村でホームスティ。満天の星空

10/04(火) ダーディン (ネパール)

綺麗な雲海とヒマラヤ山脈を望む。徒歩5時間かけて震災被害の大きかった山村の学校へ物資を運ぶ。外国人が訪れることのない絶景が待っています。山村の学校の子供たちも僕らを迎えてくれます。山村でホームスティ。満天の星空と宴。

10/05(水) ダーディン (ネパール)

山村の学校で打ち合わせ。村を散策。5時間かけてはじめの村へ戻ります。絶景です。素敵な夕陽と紅く染まるヒマラヤ山脈。満天の星空と宴。山村でホームスティ。

★10/06(木) ダーディン→ カトマンズ (ネパール)

ジープとバスを使ってカトマンズへ移動(要1500円)。車中からヒマラヤ山脈が観えます

★10/07(金) カトマンズ →ナガルコット (ネパール)

ネパール希望者のみナガルコットへ。このプランは旅に慣れてきたメンバーへの次のステップ。行き方やコツを伝えるので希望者メンバーで行って一泊して帰ってきます。満天の星空

★10/08(土) ナガルコット → カトマンズ (ネパール)

IMG_1729早朝、最高峰エベレストを望む。バスに乗ってカトマンズへ戻ってきてもらいます。夜はカトマンズに残ったメンバーを含めネパール最後の宴。

★10/09(日) カトマンズ → 東南アジア2週間の旅へ続く

続きの東南アジア旅の日程はこちら

最短三日から参加可能。旅企画のお申し込み、ご不明な点などありましたらお問い合わせお願いします。

 

 

 

 

 

バックパック旅の持ち物について大公開

Unknown

 

2016年特別企画開催。6月12日から7月23日まで。こちらも募集中です。

etiturkey01

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加予定の国

参加予定日
からまで

メッセージ本文

LINE@でお問い合わせ

LINEでも気軽にお問い合わせください。こちらのほうが返信が早いかと思います。旅の参加申し込みもLINEでもOK。

LINEQRLINEでお問い合わせ

スポンサーリンク

スポンサーリンク