世界を約20年バックパッカー旅をしている僕リュウサイの旅の持ち物リスト公開です。

 

今回の旅行先はシンガポール、マレーシア、タイ、ネパール、インドの5か国です。期間は2016/2/16から4/05。現地での気候も考えた上での荷物です。

 

 

ちなみに一年後記載の2017年版持ち物リストはこちらですー

 

 

スポンサー広告



 

 

IMG_05571

 

今回訪れる国は寒い国もあったので寒さ対策も考え荷物を選びました。

もっともっと少なく旅ができるのが理想。

僕のバックパックの中身を隠さず全て公開します。

 

お役に立てますように。

 

まずは荷物を測ってみた。

バックパックに入れた荷物の重さが5480g、

別途用意したパソコンバックが2890gでした。


パソコン重すぎる!!!

エアアジアなどのLCC系の航空券会社の

機内持ち込み7kg制限はパソコンバックは7kgに含まないので、

ケーブルやモバイルバッテリー、カメラなど電化製品はパソコンバックへ。

 

パソコンバックないひとで7kg枠で旅したいひとは

バックパックに入れず小さめのハンドバックや服のポケットに入れるのも◎。笑)

 

着れる服は全て着たり巻いたりして重さ制限をクリアすることもできるので、

見た目、着膨れしてカッコ悪くなることあるけど

僕は7kg無理なときは全部着ちゃいます。笑)

 

シャンプーなどの液体は100ml容器に移し替えてZIPロックに入れたら持ち込み可能。

 

 

以下が僕の個人的に持っていく旅の持ち物リストです。

 

これから旅に出るみなさんの参考になると嬉しいです。

 

旅の持ち物リスト2016年春版

  • バックパック45L

まずは重要なバックパック。バックパックにこだわらず短期ならショルダーバックでもOK。

バックパックのサイズは個人的には45Lがオススメ。

約20年世界中いろんな国を放浪したけど僕は、ずっとこのサイズ。

 

 

  • バックパック用のレインカバー60L用

バックパックには、ちょっと大きめのレインカバーがオススメ。

旅先での雨対策はもちろん盗難防止にも効果大。

 

 

  • 麦わら帽子

なんでもよければ現地調達できるかも。キャップでもOK。

なくてもいいけど日差しが強い国はあると◎。

 

 

  • 大きめのショール

気候的に暑い国も空港やバス、列車など移動手段はエアコンが強すぎて寒いこと多々。

大きめのショールあると使えます。

 

 

  • ファスナー付きパーカー

ファスナーとフードが付いているパーカーが個人的にオススメ。

 

 

  • 薄手のデニムパンツ

デニムでなくてもOK。重要なのは乾きやすさと着やすさ。

女性だと乾きやすいワンピースやショートパンツも使いやすいかも。

 

  • すぐ乾くコットンのズボン

現地調達可能。タイパンツなどオススメ。

女性だと乾きやすいスカートも使える。

 

  • 海パンなど水着

なんでもよければ現地調達可能、海に行くひとは必須。

女性は下着替わりに使う人も多い。

僕は旅先で寝巻きに使ってる。

 

  • 下着4枚

トータルで4日分あれば足りる。日々洗濯です。

 

  • Tシャツ3枚、ポロシャツ1枚

現地調達可能。トータルで4日分あれば足りる。

日々洗濯です。

ポロシャツはあってもなくてもOK。

 

  • 靴下1足

基本サンダルで過ごすひとは1足でOK。

常に靴履くひとは4日分あったら◎。

 

  • KEENサンダル

KEENやクロックスなどのサンダルぽい靴。

寒いとき靴下履いて靴替わりになる。

無理に買わなくても履きやすい靴ならなんでもOK。

 

 

  • ビーチサンダル

なんでもよければ現地調達可能。

周辺散歩や安宿のシャワーやトイレで大活躍間違い無し。

 

 

  • レインジャケット

コンパクトで雨もしのげて防寒にもなるものがオススメ。

僕はモンベルを使用しています。

 

 

  • 長袖ロンT

僕はモンベルの高機能アンダーウエアを1枚持参。

ヒートテックのようなインナーで使えるロンTがオススメ。

 

  • インド綿の布(乾きやすい素材)

1m×2mぐらいの乾きやすいインド綿の布。

僕はタオル替わりに使用していて寒いときは首巻きになったり腰巻になったり、

ベットシーツにしたり、風呂敷にしたり万能でオススメ。

女性はパレオにしたりもできる。現地調達可能

 

  • ウエストポーチ

ちょっと街を散策するのに便利

 

 

  • サングラス

紫外線が強いので日焼け防止にサングラスは必需品。

なんでもよければ現地調達可能

 

 

  • ダイアルロックの鍵2個

南京錠は絶対必需品。

安宿の鍵がないところは自前の鍵を使うので日本からひとつは持ってきたほうがいい。

現地調達可能だけどクオリティ低い。

あとバックパックに鍵をかけたりできるのが◎。

 

 

  • 爪切り

機内持ち込みするとき没収されることあるので要注意。

現地調達可能

 

  • 歯ブラシ

現地調達可能だけど日本のクオリティは高いので日本から持ってくることオススメ。

 

  • 電動髭剃り

髭男子的に、あると便利。

 

  • バリ島の薬

ボカシオイルとボカシバームクリーム。

これ本当に最強。 僕は基本的に薬はこれだけ。

 

でもオススメ薬も、紹介します。こちら海外旅行に持っていきたい市販薬6選 140

 

 

  • トートバックまた軽量リュック

コンパクトに折りたためるし、あると超便利。

 

 

  • 洗濯ロープ、洗濯ばさみ

バックパッカーは日々洗濯するのであると便利。

100円ショップでも売っていると思うけど意外と海外では高い。

 

 

  • ボールペン

各国イミグレーションでの入国審査や出国審査で必要。

 

 

ZIPロックの中(液体物を機内持ち込みする場合)

もし機内に液体物を持ち込む場合はZIPロックに入れて持ち込まなくてはいけない。

下記にリンクした成田空港のホームページに詳しく記載されているので

チェックしてみてください。

 

液体物の機内持ち込みについて

 

歯磨き粉、シャンプー、石鹸、リップクリーム、除菌ハンドスプレー、洗剤

 

なんでもよければ現地調達可能

マネーベルトの中

 

  • お金

ないと困る。

 

  • パスポート

絶対必需品

 

  • ビザ申請用顔写真

現地調達可能

 

  • クレジットカード

あると便利。

 

  • 国際キャッシュカード

あると便利。

 

 

 
スポンサー広告



 

 

パソコンケースの中

 

  • iPhoneなどのスマートフォン(特に海外でも使えるシムフリー版)

スマホは、あると最強に便利。

日本の家族とのやりとりに必須。海外にはWi-Fiがある宿やカフェが多いのでシムフリーでなくても使えます。

でもオススメは海外でも使えるSIMフリー版だと最強。

現地でSIMカードを購入してセットするだけで格安で通信することができます。

 

そのsimフリーのスマホがあればChatsimも使えます。

この世界中でLINEやメッセンジャーが使えるChatsimがあると

日本にいる両親や友達、恋人との連絡も取れるだけでなく

旅先での待ち合わせやいろんなことに使える便利SIMカード。

 

しかも年間コストわずか1400円という安さ

 

Chatsimについては記事に書いたので参考にしてください。

 

こちら

 

iPhone用の防水防塵のケースがあると

辺境の砂埃や海などでの水没にも守られるのでオススメ。

 

しかも落としても大丈夫なのが特にオススメです。

 

僕が使っているiPhoneケースを紹介します。

 

これが僕が使っている旅で最強のスマホケース。

 

海にも潜れるし砂丘で野宿しても問題無し。

 

これは本当に買ってよかったアイテム。オススメ◎

 

 

  • ノートPC

旅先で仕事するひとは必需かもだけどスマホでなんでもできる時代なので

一般的には必要ないかも。

 

 

  • ノートPC用USBハブケーブル

僕のPCにUSBポートがひとつしかないので必需品。

 

 

  • SDカードリーダー(USB)

PC用。なくてもいいけどPC使ってアップロードしたり

データを旅人同士交換するときに使えたり。あってもいい。

 

 

  • ポータブルハードディスク1TB

PC用。ガイドブックPDFデータや写真のデータ保存に必需品。

僕は映画や漫画も旅先に持ち歩いています。耐衝撃だとなお◎。

 

 

  • GOPRO HERO4(防水防塵カメラ)

去年から使い始めた素敵なアクションカメラ。

 

水中でも撮れるし耐衝撃だしポケットに入るぐらいコンパクトだし

 

防塵だしバックパッカーに超オススメのアイテム。

魚眼レンズで広角なのでみんなで記念撮影しやすいのも◎。

 

 

  • デジタルカメラ

スマホがあるからなくてもいいけど、思い出を残すのに素敵な写真は

撮りたいから僕にとって必需品。

スマホでは表現できないような満天の星空も撮れたり夕日も綺麗に撮れるのがいい。

 

 

  • デジタルカメラ用充電器

カメラに備えついている充電器は重要です。

 

  • イヤフォン

音楽は生活に欠かせないので必需品。防水だとなおよい。

 

 

  • モバイルバッテリー2つ

ネパールなど停電が多い国やエリアに行くひとでスマホユーザーは特に必須。

ただ一つあれば充分だけど念のため2つ。

僕が持っている容量は12000mlと11000ml。

特にクイックチャージ対応のモバイルバッテリーをオススメします。

別売りのクイックチャージ3.0対応アダプターがあれば

爆速で充電してくれるので旅先での同部屋コンセント競争(笑)や停電対策に◎。

 

 

  • USB対応急速充電アダプター

スマホやUSB対応機器の充電に必須。

特にクイックチャージ3.0対応(急速充電用)が大オススメ。

 

 

  • ケーブル各種

iPhoneケーブル 特にAPPLE認証の高耐久ケーブルがオススメ。

どんな環境でも使えるのが◎。

 

パソコンケーブル

パソコン持参の場合必須。

コンパクトなケーブルがあればベスト。

 

マイクロUSBケーブル

アンドロイド版スマホやモバイルバッテリー充電にも使える便利なケーブル。

急速充電に対応しているのが◎。

 

 

 

解説は以上です。 参考になりましたでしょうか?参考になると僕はすごく嬉しいです。

 

 

みなさんにとっても素敵な旅になりますように。 リュウサイ  

年会費無料で海外旅行保険付き旅先であると便利なクレジットカードを3枚選んでみました。

 

2017年版持ち物リスト(アジア編)はこちらです。

 

 
スポンサー広告