ロシアに行きたくてロシアビザ取得作業をしてみたので備忘録としてここに残します。

※2017年5月現在。

僕は関西出身なので大阪で申請する必要があるそうです。

大阪で申請できるのは三重県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、和歌山県、兵庫県、鳥取県、岡山県、広島県、岐阜県、愛知県に居住地がある方だそうです。

それ以外の居住地の方は東京、北海道(札幌)、北海道(函館)、新潟で取得することになりそうです。

 

 

スポンサー広告



 

 

 

ロシアの観光ビザ申請に必要なもの(日本国籍の場合)

 

  • 申請者のパスポート原本
    パスポートの有効期限は、申請するビザの出国期限より6ヶ月以上必要です。またパスポートの査証欄には、少なくとも見開きで2ページ以上の余白を必要とします。
  • 電子査証申請書(EVA)
    申請書は、ロシア外務省領事局の専用サイトhttps://visa.kdmid.ru(申請書の記入手順について、ロシア語や日本語、その他の外国語による説明あり)にて取得し、ロシア語、もしくは英語で入力し、印刷してください。バウチャーがないと申請書が作成できないので、まずはバウチャーから作成しましょう。
  • 写真1枚
    写真(パスポート用のサイズ4,5х3,5cm)を申請用紙に貼ってください。横顔やサングラス、頭に被いをした写真は受け付けられません。
  • バウチャー(旅行確認書)
    TravelRussia.suこちら で有料ですがここが最安。こちらで旅行確認書とバウチャー同時作成しましょう。クレジットカードが必要です。英語です。

 

在大阪ロシア連邦大使館領事部の場所

 

住所 〒 560-0005 

大阪府豊中市西緑丘1丁目2−2

申請・受領時間

 

月曜日、木曜日

午前09:30〜12:30

午後14:00〜16:00

 

火曜日、金曜日

午前9:30〜12:30 (午後の部はありません)
※水・土・日とロシアの祝日は開いていないので要注意。

 

 

スポンサー広告



 

 

領事館への行き方

 

正直、微妙な場所にあります。大阪モノレールの少路駅下車。徒歩7分ぐらい。

少路駅の改札を出るとエスカレーターがあります。

 

地図を頼りに歩いていくと、警察がたくさん。

そう、ロシア領事部の周りは超厳戒態勢な雰囲気。

営業時間が限られているので気をつけること。

僕は営業日をミスって3度も足を運びました。

 

観光ビザ取得費用

 

  • 11労働日(水土日祝含まず)→ 無料
  • 4〜10労働日(水土日祝含まず) → 4000円
  • 3労働日(水土日祝含まず) → 1万円

 

申請に要する日数によって大きく値段が変わるので時間に余裕を持って申請に行くことをお勧めします。

あと、注意点としては受領の時に入口のところで警察の方に見せる身分証明書が必要。

運転免許証やキャッシュカードなどでも大丈夫な感じです。

 

あーロシア楽しみです。

皆さんも素敵なロシア旅を。

 

 

 

スポンサー広告



 

 

約20年、世界を旅して僕が必要だと思った持ち物リスト公開です。個人的な備忘録でもあります。

みんなで世界へ飛び出そう。今年も世界中をみんなで旅に出ます。参加者募集中。

海外旅行保険って意外にも高い。節約できる手段を発見したので備忘録として書きました。