IMG_47061

旅に出ると気候の変化や文化の違いなども影響してか体調が崩れやすいですよね。

僕が約20年、世界中をバックパック旅して得た海外旅行で使える病気の簡易対処法をまとめました。

ここに記載するのは僕が知る旅先でも手に入る身近な物での簡易対処方法です。

参考になると嬉しいです。でもあくまで簡易法なので病院にいくという選択肢は捨てないでくださいね。

 

 

スポンサー広告



 

 

 

 

 

咳が止まらない場合の簡易対処方法

 

咳が止まらない場合に試して欲しいのは世界中どこにでも売っているヴェポラップを足の裏に塗って靴下を履いて寝てみてください。不思議と咳が止まります。なんでもイギリスの民間療法だそう。他のバーム類でも使えるかも。オススメ。

 

 

僕がヨーロッパに滞在していたときのこと、風邪をひいて困っていたら現地の友達がコカコーラを買ってきてくれた。なんで?って思ったけど彼曰く風邪には本当の薬はないそう。ヨーロッパではコカコーラ飲んでゆっくり休むと治るというのが常識だそうだ。実際、コカコーラ飲んでゆっくり休んだら治りました。けど飲み過ぎに注意です。

 

決してコカコーラの回し者ではないです。笑。ただ世界を旅していて辺境にいたときに体調が悪くなることも、たまにあります。辺境にいっても手に入る可能性の高いコカコーラはバックパッカーにとって万能の飲み物と言えます。

他にもあるコカコーラの素敵な効能をまとめます。

 

  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 消化不良(下痢や吐き気)
  • 気管を拡張

 

全て旅に使える素晴らしい効能ですが確実に効くかは、ひとそれぞれだと思うので病院に行く前の簡易対処方法として受け止めてくださいね。

 

偽ポカリスエットの作り方

 

世界中を旅していて、こんなときにポカリスエットがあったらいいなと思うこと多々あります。特に世界一周中で辺境にいて持ってきていたポカリスエットがきらしていて体調不良になり食欲もなくなりってシチュエーション多々あるはず。

どんな辺境でも簡単に偽ポカリスエットが作れる方法を記載します。

重要なのはこれです。

 

 

  • スプライト
  • 岩塩や海塩などの天然塩(食塩ではダメです)

 

これだけです。

どうするかというと、この3つを混ぜます。割合は水多めで適当で大丈夫。

僕は3(スプライト):7(水)ぐらいで塩を適量で混ぜて炭酸をぬいて飲んでいます。

重要なことは常温または温かい水、スプライトをを使うこと。キンキンに冷えているのはダメです。

 

僕が、この偽ポカリを使う旅先でのシチュエーション

 

  • 食欲がないとき
  • 下痢で脱水症状を起こしたとき
  • 風邪をひいたときの水分補給
  • 発熱したとき

 

あくまで簡易方法として受け止めてくださいね。

 

デング熱になったらこれ

 

数年前にガイドブックにも掲載されいないインドの山奥を旅していたころ、体調不良になりありえないぐらい高熱が出て風邪かなと思ったけど、何かいつもと違う。

しかも、ありえないぐらい寒くなったり水が不味すぎて飲めない大変な状況。

病院もあってないような環境。とにかく僕がとった行動は水以外で何が飲めるか全部試してみることだった。

当時いた街で手に入るいろんな種類の飲み物を順番に試していき、唯一飲めたのがファンタオレンジ!!

同じファンタでもグレープなど他の味はダメだった。

デング熱の対策として重要なのは水分を摂って脱水を防ぐこと。僕は水分が摂れない状態でどうやって水分取るかを優先に考えた。

とにかく味覚がおかしくなり水が不味くて何も飲めない状態でのファンタオレンジは神様が作った飲み物にしか見えなかった。あれがなかったらと思うとゾッとします。

あくまで僕の場合なので全員に効くかはわかりませんがデングかな?と思った場合は是非、お試しください。

 

 

急な発熱のときにキャベツを洗って頭を包むように枕のようにすると熱が下がるそう。僕も未経験。毒素も吸い取ってくれるそうだ。でも使用後のキャベツは食べちゃダメだそうなので要注意です。

 

 

またいろいろ思い出したら追加して記載していきますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 


あわせて読みたい人気記事

 

スクリーンショット 2016-06-07 1222

 

buyticket2016

 

instagram2016

 

 

スポンサー広告